保育について

幼児期における「遊びの重要性」は、”体“、”社会性“、”知覚“のそれぞれの基礎が多種多様な遊びのなかで育つところに大きな意義があります。

< からだをそだてよう >
・体を知る ・鍛える ・基礎体力(敏捷性、柔軟性、瞬発力、平衡性、筋力)を身につける
< 社会性をそだてよう >
・協調性 ・自主性 ・責任感 ・仲間づくり ・役割の理解 ・ルールの理解 ・競争力 ・コミュニケーション力
< 知覚をそだてよう >
・認知、理解力 ・集中力 ・創造力 ・想像力 ・好奇心 ・意欲

法人の理念

  • 家庭を忘れ、親を除外して児童の問題は解決できない。子を親とともに受容し、家庭に及ぼすことこそ児童愛護である。
  • 児童は1個の人格として厳然たる姿をもつものである。
  • 児童は「国の児童」「社会の児童」である。よって、児童を健全に保育することは社会の義務である。
  • 児童の幸福は家庭を中心に行わなければならない。家庭が団結し親子が離散しないよう家庭生活の改善向上を計ること。

保育目標

  • 家庭的な雰囲気の中で、心も身体も健康な子どもを育てよう
  • やさしい心をもち、友だちと力を合わせることができる子どもを育てよう
  • よいこと悪いことを判断し、物事をしっかりと考えられる子どもを育てよう